プルーン

便秘を改善するにはお腹環境を見直そう

便秘はお腹が張って苦しいだけでなく、体内に汚れた血液が巡り様々な不調を引き起こします。
便秘の原因の一つに腸内環境の悪化が挙げられ、便秘解消には腸内にすむ善玉菌を優位することが重要です。
人間の腸の中には、約100種類、100兆個の細菌がいると言われています。

そのうち2割が乳酸菌をはじめとする善玉菌、1割が悪玉菌、残りの7割は中間菌。
善玉菌は、悪玉菌の増加を抑え有害物質を分解し、腸のぜん動運動を促す役割を持っています。

ところが、忙しくストレスの多い生活が続くと、自律神経のリズムが崩れやすくなります。
すると腸のぜん動運動が鈍り、悪玉菌が増殖し、便が腸に長くとどまってしまうのです。
便秘時にお腹が張って苦しいのは、この時、腸で内容物の発酵と共に発生したガスが腸内に溜まるからだとされています。

腸内で善玉菌を増やすための代表的なものは乳酸菌やビフィズス菌。
乳酸菌は、ヨーグルトなど乳製品以外にも、日本人が古来から食べてきた醤油、味噌など発酵食品にも多く含まれています。
ビフィズス菌は、主にヒトや動物の腸内にすんでおり、乳酸菌よりも腸内での割合が高い分、ヒトのお腹に向いていると言われています。

ビフィズス菌入りのヨーグルトは、乳酸菌のみで発酵したヨーグルトよりも整腸作用が高いという研究結果もあります。
なお、善玉菌を含む乳製品は多くの種類があり、効果のあるものは人それぞれ違います。
腸内環境が入れ替わるサイクルである、約2週間同じ型のものを摂るとその効果が分かります
自分に合った菌はどれか、腸のコンディションを見つつ試すのが良いでしょう。

また、善玉菌を外から摂取する以外に、リラックスした生活を心がけることも大切です。
腸内環境を整え、便秘を解消できればダイエットや運動もスムーズに
生き生きと元気な毎日を過ごしましょう。