プルーン

便秘解消とオリゴ糖の関係

「オリゴ糖は便秘に良い」
「お腹に優しい」
CMや広告でよく目にするオリゴ糖ですが、詳しい成分と便秘解消への効果はどういったものなのでしょうか。

オリゴ糖は、胃や小腸などでは消化吸収されにくい性質を持っています。
善玉菌は、大腸まで到達したオリゴ糖をエサにして増殖し、腸内環境が改善されていきます。
オリゴ糖にはいくつか種類があり、それぞれ特徴を持っています。

主なものをご紹介しましょう。
まず、玉ねぎやにんにく、アスパラガスなどに多く含まれているフラクトオリゴ糖があります。
消化吸収がされにくく、低カロリーで、虫歯になりにくい甘味料として知られています。

ガラクトオリゴ糖は、母乳に多く含まれており、消化吸収を促進、ミネラルの吸収をサポート。
そして、他のオリゴ糖より甘みがあり、
少量でも効果があるのが大豆オリゴ糖。
ビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。
味噌やしょうゆ、はちみつなどに含まれている、イソマルトオリゴ糖はビフィズス菌を増加させ、腸内環境を改善する効果があります。
オリゴ糖は低カロリーで吸収されにくい性質ですが、甘みが砂糖に比べ控えめなので使用しすぎて、カロリー過多になりがち。

また果汁などと混ぜたり、加熱しすぎると分解されやすい点にも注意が必要です。
腸内環境を整え、料理や飲み物にも気軽に使えるオリゴ糖http://www.risingstartexas.com/oligosaccharide.html
使用量や調理法に注意しながら、ぜひ毎日少しずつ続けてみましょう