プルーン

便秘改善に効果的な運動方法

「便がなかなかスッキリ出ない…」
そんな時、どんな運動をすればよいのでしょうか。
腸が動かなくなっているのだから、激しい運動のほうがいいのでしょうか。

いいえ、緩やかな運動のほうが正解です。
便秘の原因http://www.cementhaichemicals.com/genninn.htmlの一つとしては、腸のぜん動運動をつかさどる自律神経、とりわけ副交感神経がうまく働いていないことが挙げられます。
副交感神経は、リラックスしている時に活発に働きます。

つまり、リラックス効果のある深呼吸やヨガ、ストレッチ、軽い体操などのほうが効果があるのです。
心身がリラックスしていないときには、呼吸が浅くなりがちです。
ゆっくりと鼻から息を吸い込んで下腹部をふくらませ、長く時間をかけて吐き切ることを数分続けるだけでも副交感神経の働きを促します。
ストレッチやヨガに関しては、寝る前に、深い呼吸とともに体をひねる種類のポーズなどを行うことが効果的。

リラックスできる他にも内臓へのマッサージ効果があり、便を排出する態勢が整ってきます
激しい運動を行うと、疲労感や急激に汗をかくことによる脱水症状を引き起こしやすく、腸の正常な動きに不可欠な自律神経の働きが余計に乱れがちに。
かえって便秘解消から遠ざかってしまう可能性があるので、くれぐれも無理は禁物です。

便秘が長期化すると、ついつい早く解決しようとして急に激しい運動をしたくなるものですが、焦らずに
何よりも、心身のリラックスが最重要課題なのです。