プルーン

便秘解消のケア方法

お腹がポッコリして不快感がある他に、老廃物が排出できないために、体に様々な不調をきたす便秘。
原因は何なのでしょうか。
便秘解消のためのケア方法http://benpicaisyou.com/とともにご説明します。

便秘は、腸の働きが鈍ってしまうことで起こります。
その原因として言えることのひとつは、「ストレスの多い生活によって、自律神経系の働きが乱れること」。
自律神経は交感神経・副交感神経からなり、その二つがバランスをとりながら正常に機能することによって健康な毎日を送ることができます。
ところが、忙しい日々が続きストレスを溜め込んでしまうと、体が常に緊張、つまり、交感神経が優位な状態が続き腸のぜん動運動が徐々に弱くなっていきます。

その結果、腸内に便が滞留してしまうのです。
まずはストレスを溜め過ぎないこと。
便秘期間が長くなり、「出ない」ことにイライラすることも意外に便秘が長引く原因となりますので気持ちをゆったりと持ちましょう。
もうひとつの原因としては、「腸内環境の悪化」が挙げられます。

腸内には非常に多くの菌がすんでおり、善玉菌が悪玉菌よりも優位に働いているときが健康な状態
これが、たんぱく質の摂りすぎや野菜不足によって悪玉菌が優勢になると便秘へと向かっていきます。
味噌、醤油、納豆など乳酸菌の多い発酵食品や、ビフィズス菌を含むヨーグルトなどを少しずつでも摂るようにしましょう。

この他にも、毎日適度な運動をして腹筋の力を維持することも大切なことです。
毎日少し長めに歩く習慣を持つこと、無理ない程度の有酸素運動も、体内の血流の改善に効果的。
安易に下剤に頼ってしまうと、かえって腸の働きを弱めます。
精神面や食生活、適度な運動など様々な方面からのアプローチを、普段から少しずつ続けるよう心がけましょう。